豊後まぐろ ヨコヅーナ

 
 
  太平洋からの黒潮と瀬戸内海からの豊かな海水が流れ込む大分県の豊後水道。文字通り豊かな海で育てた養殖クロマグロ、豊後まぐろ「ヨコヅーナ」をお届けします。
 豊後水道は、関あじや関さばをはじめとする多彩な高級魚を生む魚介類の宝庫です。
 その豊穣の海で育てる“魚の横綱”クロマグロから豊後まぐろ「ヨコヅーナ」と名付けました。
 
   
  大分県の豊後水道、津久見沖で養殖する豊後まぐろ「ヨコヅーナ」は定期的に健康診断を行います。人間と同じように体重測定や採血を行い、健康と栄養状態を管理。正常な豊後水道の環境を維持しながら安心・安全で、春夏秋冬いつでも“旬”の美味しい豊後まぐろ・ヨコヅーナを育てています。

 大切に育てたヨコヅーナを1本ずつ丁寧に釣り上げ、すぐに締め処理後、マイナス3度のシャーベット氷で冷やし込んで出荷します。皆様に一番おいしい状態で召し上がっていただくために、豊後水道の漁場から高鮮度の状態でお届けします。
   
専用配合飼料 ヨコヅナ・フード
  ヨコヅーナを育てる「兵殖」はブリ養殖パイオニアで半世紀以上の実績を持つ養殖のプロ。美味しい魚は環境とエサによって作られるとプロは知っていました。そこで兵殖は、栄養成分を完全に調整できるヨコヅーナ専用のエサ(=配合飼料)をメーカーと共同開発し、稚魚から成魚までそのエサだけで育て上げています。

 配合飼料だけで養殖されるマグロは世界で唯一、ヨコヅーナだけ!世界初の技術と方法で育成されたマグロなのです。この技術で生産履歴が明確で、ビタミンEをはじめ、DHA・EPAなど高い栄養価のヨコヅーナが育てられます。
   
 ヨコヅーナは他産地のマグロより1年以上長く育成します。ヨコヅーナが育つ豊後水道の津久見沖は潮流が速く、冬場の水温が13度まで下がり、その間、成長速度が遅くなるためです(マグロの最適水温は一般的に16度以上)。しかし、水温の寒暖差と速い潮流は、ヨコヅーナの体にしっかりと旨味を蓄えさせます。

 敢えて厳しい環境でじっくりと育てることで、身の締まった上質な赤身と肌理細やかで上質な脂の乗った極上の大トロを兼ね備えた美味しいマグロに仕上がっています。
 

ヨコヅーナ TVCM

ヨコヅーナ TVCM
 
 

ヨコヅーナが食べられるお店

ヨコヅーナが食べられるお店
 

魚料理 お川

居酒屋レストラン 亀吉

四季彩 源兵衛

汐の音

新美賀久寿し

佐伯回転寿司マルマン

春日和

三幸寿司

 

ヨコヅーナ ブランド発表会

ヨコヅーナ ブランド発表会
<<株式会社 兵殖>> 〒879-2412 大分県津久見市高洲町3824-71 TEL:0972-82-8200 FAX:0972-82-8241